「幻夏」読書感想 著者 太田愛|少年の日のあの夏の思い出

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

一昨日、太田愛著「幻夏」読み終わりました。

ミステリ小説で、こんなに泣いた作品は初めてです。

冤罪のために引き裂かれた大切な家族。

12歳の少年が、家族を守るためにとった行動に涙が止まりません。

「幻夏」 あらすじ

毎日が黄金に輝いていた12歳の夏、少年は川辺の流木に奇妙な印を残して忽然と姿を消した。23年後、刑事となった相馬は、少女失踪事件の現場で同じ印を発見する。相馬の胸に消えた親友の言葉が蘇る。「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」あの夏、本当は何が起こっていたのか。今、何が起ころうとしているのか。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?司法の信を問う傑作ミステリ。日本推理作家協会賞候補作。

[引用元]角川文庫「幻夏」裏表紙より

登場人物

相馬亮介
深大署交通課の刑事。水沢尚・拓の友人。

鑓水七雄
興信所の所長。元テレビマン。相馬の友人。

繁藤修司
勤めていた日栄建設が倒産。現在、鑓水の興信所の調査員。20歳の青年。

水沢尚
23年前に失踪した少年。拓の兄。

水沢拓
尚の弟。法曹の道を諦め、現在は技術翻訳の仕事をしている。

水沢香苗
23年前に失踪した尚と拓の母。年齢不詳の美女。

柴谷哲雄
香苗の元夫。冤罪で服役。

常盤正信
元最高検察庁次長検事。常盤理沙の祖父。

岡村武彦
警視庁刑事部参事官。ノンキャリアからの叩き上げ。

寺石憲一郎
元東京高裁部総括判事。寺石孝之の父。

倉吉望
科学警察研究所研究官。黒縁メガネの痩身の男性。

鳥山浩
鑓水の友人。元テレビカメラマン。関西人。

松井慎一
TVの報道番組のディレクター。野心家。

少年の日の夏の思い出

相馬亮介には、忘れられない少年の日の夏の思い出があります。

不思議な「印」とともに、突然消えた少年・水沢尚。

尚と拓と亮介の思い出

水沢尚と拓兄弟は、ある事情があって最近引っ越してきたばかりでした。

新学期からは、新しい小学校に通うことになります。

ある暑い夏の日、尚と拓は、いつも昼食を買うお弁当屋さんの前で一人の少年と出会います。

それが、相馬亮介でした。

 

三人は、ほんの束の間の「親友」でしたが、その短い夏の一時期、忘れられない濃密な時間を過ごしました。

尚と拓は、二人で作った『秘密基地』に亮介を案内してくれました。

亮介には、妹がいましたが、肺炎で入院中。

そのため、お昼ごはんは自分で買って食べるようにと、母からお金をもらっていました。

そして、基地で、三人は一緒に魚介類に問題のある「ランチの吉田」で肉系のお弁当を買って食べていました。

そして、尚と拓の母・香苗が、急用で親戚の家に行った台風の夜には、心霊写真集を図書館から借りて来て三人で一緒に見たり、インスタントラーメンやスナック菓子を食べながら楽しい夜を過ごしました。

尚の失踪

キラキラした少年時代の思い出。

しかし、それは、尚の突然の失踪という結末をもって終わりを告げます。

そして、亮介はそのあとすぐ引っ越しをすることになりました。

 

亮介の父親は、警察官で殉職しています。

そして、尚と拓の父親は「ヒトゴロシ」でした。

若い女性を殴って殺めたのです。

23年前に失踪した息子を探す

鑓水の経営する興信所に、23年前に失踪した息子を探してほしいという依頼が入ります。

探してほしいのは、水沢尚。

依頼人は母親の香苗でした。

水沢尚が失踪したときの年齢は12歳。

普通なら生きている望みは薄そうですが、身代金を要求があったわけではないので、誘拐ではなく、自らの意志で家を出ていったと思われます。

柴谷哲雄は冤罪

23年前、亮介に「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」と告白した尚。

しかし、尚の父・柴谷哲雄は、冤罪でした。

 

柴谷哲雄は、長時間の警察の取り調べに疲れ果て自白してしまい、そのまま起訴され、裁判へ。

裁判では一転、無罪を主張したため、反省の情が見られないとされ、求刑通り9年の実刑判決を受け、8年間刑に服した後、仮出所しています。

その一年後、真犯人の高須紀夫が逮捕されます。

高須は、他の女性にストーカー行為を行い、遂には刺殺していました。

そして、柴谷哲雄が殺害したとされた女性のバッグから高須の指紋が多数検出されたのです。

 

しかし、柴谷哲雄は、警察が冤罪を認める記者会見を行った直後に、死亡していました。

記者会見が、8月29日の午前中で、柴谷哲雄が亡くなったのはその日の午後でした。

水沢尚の家の近くの石段から転落死したのです。

 

冤罪が晴れて、家族に会いに行く途中で転落死…。

こんな無念なことがあるでしょうか。

尚の失踪と柴谷哲雄の転落死

尚が失踪したのは、9月2日。

柴谷哲雄が転落死したのは、4日前の8月29日。

この二つの事件は、どこかで繋がっているのではないかと、鑓水と修司は考えています。

常盤理沙ちゃん誘拐事件

一方、相馬が今、追っている事件は「常盤理沙ちゃん誘拐事件」です。

奇妙な記号

尚が失踪したとき、河原の流木に// = │という記号が彫られていました。

そして、今、相馬が追っている常盤理沙ちゃん誘拐事件現場にも、同じ記号が記されていたのです。

相馬は、尚がいなくなったとき、この記号を発見しています。

 

常盤理沙ちゃんの祖父である常盤正信は、元最高検察庁次長検事。

TVにもよく出演する法曹界の大物です。

さらに、常盤正信は、柴谷哲雄の傷害致死事件を担当した検事でした。

しかし、常盤にとって、理沙ちゃんは「頭の悪い可愛いと思えない孫」なのです。

こういう人がいること自体も驚きですが、常盤正信の冷たい人間性が現れています。

 

相馬は、あの夏の日のことを思い出しながら、この奇妙な記号が23年の時を経て、なぜここに再び現れたのか?

それを解明することで、尚の失踪の理由が明らかになると相馬は考えたのです。

捜査の指揮を執るのは岡村武彦

この誘拐事件の指揮を執るのは、警視庁刑事部参事官の岡村武彦。

岡村は、柴谷哲雄の冤罪事件の際の取調官です。

今回は、参事官が直々に捜査の指揮を執るのは、被害者が法曹界の大物・常盤正信の孫娘だったからです。

誘拐事件の犯人

この誘拐事件の容疑者は、寺石孝之という予備校講師で、盗撮の前歴があります。

目撃情報から、犯人はライトグリーンのセダンに乗っていたとのこと。

前歴の盗撮が少女のスカートの中であったことから、寺石孝之が捜査線上に上がってきたようです。

 

さらに、父親は、寺石憲一郎といい、元東京高裁部総括判事です。

こちらも柴谷哲雄の冤罪事件のときの裁判官です。

 

こうなってくると、柴谷哲雄の家族が、関わっていることがわかります。

しかし、それだけではなく、この事件の裏には隠された悲しい理由がありました。

別の三件の事件

さらに、// = │の印は、全く別のある三件の事件でも、現場に残されていました。

その事件は、三件とも撲殺。

そして、この三件に関しては、年齢も性別も異なる成人ばかり。

この印と三件の事件、尚の失踪、理沙ちゃん誘拐事件には、どうしても繋がりが見えないのです。

 

この三件の事件に気づいたのは、科警研の倉吉望という研究官でした。

警察の横暴

先日読んだ青木俊著「潔白」でも、冤罪事件が題材となっていました。

本書「幻夏」も、悲しい冤罪事件が発端となった連続殺人事件の物語です。

もし、自分の父親が冤罪で、その身の潔白を警察が認めたその日に亡くなっていたら…。

それだけでも悲しいのに、本書はそれをさらに上を行く悲しい物語です。

自白させるための嘘

他のミステリー小説やノンフィクション、警察小説などでも、よく出てくることですが、警察はこいつが犯人だと目星を着けたら、自白に追い込もうとします。

証拠自体は、状況証拠しかなかった場合は特に自白が重要視されます。

警察は、自白させるために、嘘をつくことがあるそうです。

犯人の弱みをうまく利用して、嘘をつき、自白に持ち込む。

本書「幻夏」でも、柴谷哲雄に身重の香苗が警察に差し入れを持ってきて、「素直に罪を認めて、罪を償ってほしい」と泣きながら言いい、「そのまま倒れてしまった」と嘘をつきます。

それを聞いて、柴谷哲雄は妻を泣かせてしまったことを悔やみ、「私がやりました」と言ってしまうのです。

これを警察用語で『叩き割り』と言うそうです…。

 

どうして、こういうことをするのでしょうか。

警察は、本気で真犯人を捕まえたいと思っていないのでしょうか。

あとから冤罪だったとわかった事件のほとんどに、自白があったと言われています。

警察官の全てがそうだとは思いませんが、冤罪によって苦しむのは犯人にされた人だけではなく、家族も同じように苦しめられます。

そして、自分が、いつ、やってもいない犯罪で捕まり、自白させられてしまうかもしれません。

こんな怖ろしいことがあるでしょうか。

 

もし、柴谷哲雄が冤罪で捕まっていなければ、この家族はずっと幸せに暮らしていたはずです。

12歳の少年が、こんな悲しい思いをすることは絶対になかったはずです。

恨みません調書

私が本書「幻夏」を読んで、一番驚いたのが、この『恨みません調書』です。

柴谷哲雄は、誤認逮捕がわかった時点で、警察に「これからさき自分を取り調べた取調官と検察官を、決してうらみません」という調書を取られたのです。

なぜ、そんなものを素直に書いたかというと、それを拒否すると、いつ帰らせてもらえるかわからないと、柴谷哲雄は思ったのです。

あの冤罪事件のときのように。

柴谷哲雄は、早く自分が冤罪だったことを妻子に伝え、会いに行きたかった…。

 

小説の中のこととは言え、警察のあまりにもひどいやり方に、憤死寸前でした。

三つの文章

本書「幻夏」には、ある四つの文章が出てきます。

本文 p.326~p.332に書かれている四つのエピグラフです。

これは、世界がうまく回るためには何かが犠牲にならなければならないという意味だと、私には感じられました。

日本の司法を円滑にすすめるためには、冤罪の一つや二つ出てきても仕方がない…ということでしょうか。

 

そんなことがあっていいはずはありません。

私自身、SNSなどで、コロナ禍で「日本経済を回すためには、少しくらい死者が出ても仕方がない」という考え方を目にすることがありました。

心の中で何か納得できないものを感じながらも、「コロナで亡くなる人より、経済が回らず自ら命を絶つ人の方が多いからだ」という声に、気持ちを持っていかれそうになったこともありました。

しかし、やはりそういう世の中であってはいけないと、本書「幻夏」を読んで、考えを改めました。

人間は、ヌーではないし、工業製品でもないからです。

 

この意味は、ぜひ本書「幻夏」を読んで確かめてみてください。

最後に

太田愛著「幻夏」の感想でした。

「犯罪者」から数年後の相馬、鑓水、修司です。

 

p.354~涙腺崩壊スイッチが入ってしまい(←早いw)、p.470の終章では、嗚咽に変わりました。

今、こうして感想を書いていても、ちょっと目が潤んでいます。

ミステリー小説を読んで、こんなに涙を止めるのに必死になったことは今までありませんでした。

 

本書「幻夏」は、ミステリーとしても一級品ですが、ヒューマンドラマとしても最高の作品です。

謎解きが始まったところからは、思わず「えっ!」と声が出てしまうほど手に汗握り、少年たちのシーンで涙する…。

そんな別の感情を同時に味わえる本作「幻夏」、ぜひ読んでみてください!

 

以下の記事で、太田愛著「犯罪者」の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

白昼の通り魔事件の真実ー「犯罪者(上)」読書感想 著者 太田愛

佐々木邦夫の計画と目的とは?ー「犯罪者(下)」読書感想 著者 太田愛